横浜ファイナンシャルプランナー

 

ファイナンシャルプランナー(FP)は、投資、保険、住宅といったマネーの専門家です。

株式会社ライフプランは、横浜にあるファイナンシャルプランナーの会社です。

人生には「出産」「入学」「就職」「結婚」「退職」といった様々なライフイベントがあります。ライフイベントを達成するための計画がライフプランです。

誰にでも起こりうる出来事でも、ライフイベントに向けたお金の準備は、そう簡単ではありません。

分かっていても行動に移そうとなかなかできない人は多く、行動に移すための仕組みづくりがいかに大事かということです。

株式会社ライフプランでは、仕組みづくりも提案できます。

また、当社ライフプランでは特定の金融商品のみを扱っているわけではありませんので、お客様のライフプランにあった提案をします。

当社の特徴

FPでは少ない不動産の紹介ができます

不動産とかかわる仕事をしていない限り、FP(ファイナンシャルプランナー)であっても、不動産に関することは苦手としています。

ファイナンシャルプランナーは、住宅ローンには強いのですが、不動産分野を苦手としています。

そして、不動産業者は、不動産には強いのですが、住宅ローンについて知っている営業はほとんどおりません。

しかし、当社は不動産業者であり、ファイナンシャルプランナーの会社です。

ライフプランから不動産探し、資金計画から購入後のローンの見直しまで対応します。

当社であれば、住宅ローンの資金計画から不動産購入後のライフプランの見直しまで関われますので、時間と労力を抑えることができます。

住宅ローンの見直し以外にも、引っ越し、不動産投資物件の紹介まで何でもご相談ください。

 

ファイナンシャルプランニングという考えは、元々、金融関係から生まれたものです。

なので最初は、富裕層を対象にしたものでした。

しかし、住宅ローンも保険も退職後のライフプランも、別に富裕層だけのものではありません。

いや、むしろ自分に合ったライフプランをもたないと将来リスクと不安を抱えたまま生きていくことになります。

住宅ローンが滞り、債権者(金融機関)から督促されている人からの相談を受けたこともありますが、このような経験しているファイナンシャルプランナーは、他にはいません。

 

 

ローンを借りられることと、返済できることは違うんです

 

住宅ローンは借り入れできる金額と返済していける金額を分けて考える必要があります。

住宅ローンで破綻する人の多くは銀行が貸してくれる金額を基に資金計画を立てています。

無理なく返済できる金額でなければ、当然家計は苦しくなります。

奥さんが働いてローンを返済していけるならまだいいほうで、子供の進学に悪影響を与えたり、老後生活に悪影響を与えることもあります。

契約すれば不動産会社とお客さんとの関係は終了しますが、お客さんは住宅ローンをこれから何十年にもわたって返済していくことになります。

自分の身を守るためには、まず、自分でリスクを知ることが大切です。

スーパーで大根を買うのとはわけが違うんです。

お客様にとって不要な商品は提案しません

当社では、お客様にとって必要でないと思ったときは、「買わない方がいい」といいます。

つまり、お客様サイドに立った提案ができます。

当社では、不動産を購入したらお客様との関係が終わるとは思っておらず、不動産を購入してからが始まりと考えているからです。

ライフプランは、中長期の計画ですので、購入後も関係が続かないと見直しができません。

不要な商品を勧めてしまうとお客様のライフプランに悪影響が出るので、改善してるんだか悪くしてるんだか分からなくなってしまいます。

住宅ローンが不安ならライフプランを立ててみてはいかがでしょう。

人口が減少して住宅への需要が減少しているというのに、住宅ローン破産は一向に減らず、それどころか年々増加しています。

 

以前、私は、ローン返済が困難な人を相手に相談にのってましたが、残念ながらローン破綻する人はあまり将来のことは考えておりません。

 

・今の生活がきつく、ローンの返済がやっとなのに繰り上げ返済はいつするんですか。

・定年間近なのに、住宅ローンの返済があと10年残ってるけどどうすればいいんだろうか。

・家を売ろうにも担保割れで売却ができない。

・年金を当てにしていたのに、政府が「一億総活躍社会」とかいいだして、一生働かせようとしているじゃないか。

・住宅ローンの見直しっていっても、何から手をつければいいだろうか。

以上の悩みを持っているのであれば、ライフプランを立ててみることをお勧めします。

 

住宅ローンは、借りてからが始まりですから、住宅ローンの借り入れ後も定期的にメンテナンスをしていく必要があります。

ときどき、ネットや雑誌で返済比率(年収に対するローンの割合)が〇%以内なら大丈夫といったことが書かれてます(有名なFPの先生もいます)が、無視していいです。あれは、銀行の人が簡単に計算できるものとして使っていたものであって、一人一人価値観が違うファイナンシャルプランに当てはめることは無意味です。

返済負担率はあくまでも年収とローンの比率ですので、家庭ごとにあったリスクや価値観にあった住宅ローン知るためには、ライフプランが必要です。

 

問題点が分かれば、改善策を考えることができます。

ノープランでは、手の施しようがなくなってからの対応なので、行きつく先は闇です。

 

不動産探しでよくある悩み

・住宅ローンを支払っていけるのか不安だ

・老後破綻しない資金計画を知りたい

・住宅ローンの支払いに追われる人生は嫌だ

・住宅ローンが原因で人生を失敗したくない

・不動産を売りつけられるのはごめんだ

・購入後もサポートしてもらいたい

・子供が小さいのに住宅ローンを利用してもいいのだろうか

 

当社では、以上の相談にも対応しています。

 

会社概要

当初、不動産業で開業するつもりでしたが、ただ開業したのでは何の特徴もない不動産会社になりそうと思い、2013年に横浜の共同事務所で勉強を兼ねて一員にさせて頂きファイナンシャルプランナーとして開業しました。

ファイナンシャルプランナーとしてだけでなく、保険の代理店や社会保険労務士の事務所も併設して活動させていただきました。

その後は、ライフプラン相談では他のFPに負けない自信がついたので、不動産業として登録しました。

 

ライフプランでは、これから不動産を購入しようと計画しているお客様に向けて、ローンのコンサルティングだけでなく、その後のライフプラン、キャッシュフローについてもサポートします。

当社のスタッフは、地元出身の横浜・湘南を知り尽くした者ばかりです。

不動産やライフプラン以外の相談も心置きなくご相談ください。

 

 

 

このページの先頭へ